今年はいろんな挑戦をする年になりそうです、どう変化するか判らないですがこれからもよろしくお願いします。
砥だししませんか?
DSC_0834.JPG
飛行機モデルの製作では珍しい処理の仕方だと思うのが砥だしです。

シルバリング防止に様々な方法が紹介されてますが俺貼る作業にストレス感じたくないので後処理で対応できる砥だしをやってます。

これだとシルバリングしててもクリアで消せるしなによりデカールの段差も落とせるしついでにパネルラインなんかも埋まるので機体表面は平滑になるんです。

モールドは生かしたいけど表面に運河のように走ってるのは興ざめしちゃいますから。
( - ) comments(0) -
どうした野党?
DSC_0832.JPG
野党最大派閥の民進党ここに来てまさかの希望の党への自殺的併合の暴挙に出ましたよ。

それって本当に良いのかよ、小池人気にあやかろうとするその感覚は信じる事はできないですね、希望の党は結果的に民進党が党首と名前を変えただけですから。

さて、雷電ですがデカール貼りました。 シルバリングはおこってないのでクリア吹いて研いていきます、デカールの段差は気になりますから。
( - ) comments(0) -
希望は最大の罪である。
DSC_0831.JPG
パンドラの箱の話しでこの世の災厄を詰め込んだパンドラの箱の一番最後に世に放たれたのが希望です、こいつがなぜ災厄の箱の中にいたのか?
希望を持つことで人は諦められず破滅をむかえるからではないでしょうか?

もしかしたら、その想いは時に判断を間違わせます、新しく立ち上がった党の名前が希望ですがその言葉を口にするのは沈みかけた泥船から逃げ出した連中と自力勝利を見込めないグループです、そこにはどんな希望があるのかしっかり見ないと危険です、風だけでは絶対駄目です。


さて、雷電はデカール貼る前に一旦クリアを吹いてやります、こうするとシルバリングも防げるしこのあとクリア吹いて研くのも楽になりますから。なかなか飛行機モデルではやらないみたいですが技法としては大変楽になりますよ。 デカールがクリア層の下にいるので汚しなんかも思いっきりできますから。
( - ) comments(0) -
雷電!
DSC_0818.JPG
三菱の開発した海軍迎撃機雷電です。

なんとなくやりたかったので製作してますがこの機体のコンセプトや姿が好きなんです、ぶっとい胴体で巨大なエンジン、されど全長は短く強度抜群、武装は気合いと実に男らしい飛行機じゃないですか、飛行時間は一時間きれるのにそこもまた良いのですよ。

これからサクサクっと仕上げていきます。
( - ) comments(0) -
騙されるなよ!
DSC_0812.JPG
総選挙の開戦が宣言されいよいよ選挙にはいりますが野党共闘などとテレビでさかんに言っているコメンテーターのその甘言に騙されちゃ駄目ですよ、民主党が政権を取った時に日本はどこへ進みましたか?反米親中路線を走り、国内の問題は棚上げ、内閣は同じ面子の想いでづくりのように回すだけで危機意識無し、まして共産党にいたっては現在も党の綱領に武力革命を叫んでるくらいです、そして都民ファーストの流れを汲む新党なども所属先の船が沈む前に逃げ出した連中の寄り合い所帯ですから仮に第一党になったとしても瓦解するか投げ出すように感じます。

難しいですが今回は来るかもしれない有事に対して早急にかつ的確な対応が出来る所を選択しなきゃならない難しい選挙になります。
( - ) comments(0) -
ラウディーブル塗装完了!
DSC_0825.JPG
ラウディーブル2台目塗装完了!昨日持ち主さんへ納品させて頂きました。

ワイルドスピードに出ているちょっと頭の悪そうな仕様を狙って製作したのですが思った以上に悪そうに仕上がりました 。ミニカーとしてのクォリティーも確保できたので普段はケースに入れて展示してもらいたいですね。

ラウディーブルまだまだボディがありますので次は少しいじったラウディーブルをやりたいと思います、ストリートレースからサーキットへ変わった感じが出せれば良いですけど。

さて、今実は広島のイオンモールで開催されている可部モデリングクラブさんの展示会支援に向かっています、可部モデリングクラブさんとは平素より仲良くさせていただいており先月開催した家のクラブの展示会にも参加して頂いたのですが同じ県内でこうしたニッチぇなクラブが多数活動しているのは面白いものです。
( - ) comments(0) -
子供相撲
DSC_0823.JPG
今日は朝から市の主催する子供相撲へ参加してきました。

個人戦はあまりかんばしくなかったのですが団体戦では大将としての責務からかそりゃ良く戦いました、準々決勝で同じくらいの体格の子に負けましたが余程悔しかったらしく勝負事では泣かない息子が泣きながら土俵を降りてくる姿を見たときにはかいつの闘争心は親が思ってる以上にあるのと自分の敗けでチームが敗退したことへの責任にたくましく育っていると思ったら思わずお父さんも泣きそうでした、次への目標もしっかり捉えたようで高学年の試合を真剣に見ながらその戦いを分析して相談してきてるのを見るといずれ親を凌駕する日もそう遠くないと感じました。

何かを成そうとするその姿勢は本当に良いものです。

これからマラソンや自転車競技のシーズンに入りますが今日の体験は息子にとって大変良い機会になったはずです。



さて、ラウディーブルですが磨いてデカールの段差を取りました、これからコンパウンドで磨いて艶を出していきます、キラキラと光る艶じゃなくしっとりとした艶を狙いたいですから、これだけやっててもあくまでも走行モデルですからね。
( - ) comments(0) -
ダブルスタンダード?
DSC_0821.JPG
選挙はじまるようですがここ数日間の野党のみなさんには残念としか言えません、昨日まで安部政権打倒!即時解散を叫んでらっしゃったじゃないですか?それが今になって大義が無いから解散を認めないとかどうした了見ですか?

与党自民党にとって変わる政権運営案わ常に持たれてからの声じゃないのですか?

勝ちが見込めなさそうだから急に弱腰批判発言なんてそれだから国民の信頼が得られないんですよ。
常在戦場の心でおられましたか?ダブルスタンダードはもう結構です。


さて、ラウディーブル2台目。ワイルドスピードに出ていたようなイメージと言ってましたがこのデカールを貼ってみたかったんです、本当は細いピンストライプを入れたいのですが俺の現在の技術、製作時間では難しいのでこのデカールに頼ってみたんです。

ちなみにサイドとフロント部分に集中的に貼ってフロントモーターのマシンをアピールしたかったのはわかる人へのアピールです、手抜きじゃないですから。

これから乾燥させてクリアたっぷり吹いて砥だしていきます、あくまでもこのサイズのミニカーとしてのクォリティーは確保しておきたいですから。そうそう、ラウディーブルって面白いボディですね、一見すると直線的でプレスマシンとかで作れそうなんですが実は微妙にアール効いてて複雑な表情出すんですよ発見したときは嬉しくて踊ってしまいました!
( - ) comments(0) -
ラウディーブル2台目
DSC_0816.JPG
新しいFMシャーシとして発売されたラウディーブルの塗装2台目に突入です。

これも自分で使うものではないのですが展示会やなにかに手伝ってくれる女の子のやつになります、本人の希望でパープルとの事だったのでワイルドスピードに出ていたようなマシンをイメージして塗装していきます。

もちろん綺麗に塗装してコンデレ規格にしていきます、イメージは出来てるから作業は早いはずです。


さて、先日事故にあった嫁ですが経過が思わしくなく痛みが引かないようで病院のお世話になりつつ場合によっては整体の併用も考えていかなければならないみたいです、また後遺症みたいになるかもしれないのですが相手のじいさんはまったく反省ないようでまだ車に乗っているようです、行政処分もまだ出てないから免許の失効はされてないようですが自主返納の約束は反故にしたみたいです。
高齢化社会で高齢者が増えていくのですが世の中の仕組みはそれにまったく対応してないんです、もっと早くに検討しとくべきでしたね。
( - ) comments(0) -
ラウディーブルノーマルレース仕様。
DSC_0814.JPG
ラウディーブル始めの一台はこんな感じに仕上げました。

なんとなく86に見えなくもないですがフェンダーやボンネットはレース仕様の別パーツで本来は何も付いてない普通車のような感じを演出したかったんです。

これがコースを疾走する姿を想像しただけでワクワクがとまりません。


さて、どうやら総選挙になりそうですがどんな結果になるか楽しみです、民進党ははたして共産党と共闘するのか、自民党が圧勝してしまうのか?はたまたまったく違う党が躍進するのか開けてみないとわかりませんが結果が国民にとって良い結果になれば良いですね。
( - ) comments(0) -
  • << 3/423page >>
(ABOUT)