今年はいろんな挑戦をする年になりそうです、どう変化するか判らないですがこれからもよろしくお願いします。
嵐の前の静けさ
DSC_0845.JPG
いよいよ明日から総選挙が始まります。

こちらの地域では六陣営がしのぎを削る激戦区となりましたがこのなかでどの陣営もさ小選挙区の戦いをやってないのでそれこそどこがどうなるのかさっぱりです。

興味はつきないですが今回は深入りしない方向で選挙見たいと思います。


さて、ラウディーブルですがとりあえず走行に支障が出ない所は組み上げました。 ホイールのメッキが気に入らなかったのでカーボン風ブラックにしただけですけどね。後は内部のギアまわりをコンパウンドで磨きクリアランスを調整してグリスを塗布して仕上げたのですがこれでかなりかなり静かに、スムーズに動くようになりました。

後は新しいセットアップパーツを使って走行モデルに仕上げます、そうそうボディもかっこよく仕上げて走ってかっこいいマシンにします。
( - ) comments(0) -
祭りに来る人
DSC_0833.JPG
二日間にわたる酒祭りもそろそろ終わりますが毎度毎度祭りに来る人のマナーの悪さに呆れます。

今年は不法侵入二件に汚物を撒き散らした阿呆が一人と本当に迷惑です、色々思うところがあるのですが自己防衛能力を向上させるのが一番でしょうね。来場者に何かを期待するだけ無駄でしょうから。


さて、いよいよ自分用に製作始めたラウディーブルです。
ボディは数台塗装したので癖はわかったので後はこれにアレンジ加えてかっこよくしていきます。

シャーシも新しいのでまずは丁寧に一台仕上げてみます。
( - ) comments(0) -
祭りの賑わい
DSC_0856.JPG
今日は地元で有数のばか騒ぎ企画酒祭りが開催されてます。

その酒祭りの企画に女神輿がありまして我が子その神輿に参加してきました。

夏の祇園祭の時に話をしてまして今年から参加となったのですが年に何回か神輿に関わることが出来るのはありがたいことです、来年も参加するようですがお父さんは少し疲れたぞ。
( - ) comments(0) -
どっちもどっち
DSC_0830.JPG
総選挙前哨戦は小池人気にのっかった希望の党におかしな風がふいていましたがここに来てその政事姿勢に不可解な事が多く風も収まったようです。

その他の野党連合も同じようなレベルなんてどんな結果が出るのか楽しみです。

さて、可部モデリングさんから受領したムサイですがこんな感じに製作してます、赤で塗るとチベとかグワジンの変種に見えなくもないです、なかなか面白い仕上がりになっているのでこれを旗艦とした艦隊を編成します。なかなか無いですからね。
( - ) comments(0) -
実物が見たい!
DSC_0844.JPG
雷電完成です。
飛行機モデル最後の儀式キャノピーのマスキング剥がしも決まり、空中線もはりこれで良いのですよ。

俺この雷電が好きでして領空内に侵入してくる敵機に向い全力で上昇、搭載の機関銃で一撃、後は余裕があれば再攻撃、離脱するそのスタイルが好きなんです。
おしらむは現在実機が見れない事ですね、生産機数が少ないのとその運用から消耗が激しかったようで残存機が無いみたいです。
( - ) comments(0) -
中秋の名月
DSC_0841.JPG
十五夜お月様見てうさぎが跳ねていたのはいつの時代でしょうか?


うさぎならぬ月面基地がどうとか、水があるとか色々噂される時代になり風情もへったくれも無い時代になりました。

我が家では団子食べながら子供と月眺めながらボーッとしてました、こんな時間も良いものです。
( - ) comments(0) -
雷のごとく
DSC_0842.JPG
日本海軍がそれまでの運用とまるで異なるコンセプトで作り上げた迎撃戦闘機雷電の製作もあと少し、デカールの砥だしも終わり艶を整えたのでこれから少し汚しを入れてフィニッシュします。

フィニッシュの時にマスキングテープを剥がしますがその一瞬が飛行機製作の醍醐味ですね。



さて、なんだか訳のわからない選挙戦ですが地元の元民進党議員の候補、男気溢れる決断で希望の党に行かず無所属での出馬になりました。
なりふり構わず当選だけを狙うのも選挙戦ですがあえて無所属として自身の真価を問うなんぞもうかっこいいじゃないですか、自民党公認候補がカッコ悪く見えて来ましたよ、無所属で当選したあとどこかの党に所属するならあれですが党に頼らないスタイルには思わず応援したくなりました。

議席確保は最重要課題ですがそれだけが選挙戦ではないですから。
( - ) comments(0) -
威風堂々
DSC_0829.JPG
可部モデリングクラブの展示会に出席し随分と楽しませて頂いたのですがそんな可部モデリングクラブさんからお土産物を頂きました。

そう、俺が大好きな宇宙艦、それもムサイ級軽巡洋艦です! かなりの数を頂きまして昔からやりたかった企画がここに来て炸裂!艦隊規模での展示をしてやろう!どうせならクラブの人やよそのクラブも巻き込んだ大きな艦隊を揃えたら楽しいに違いないと!

考えたら即実行なんでとりあえずマークになる物として一隻製作です。キットの内容は悪くないのでバリエーション遊びでザビ家一家でありながら開戦と同時に地球に派遣された坊やの座乗艦として製作してます、きっとドズル中将あたりが心配して用意させた物を本人あまりわからずに使っていた感じにしたいと思います。
( - ) comments(0) -
業界の暴れん坊!アオシマの心意気!
DSC_0811.JPG
プラモデル業界の暴れん坊、アオシマさんは常に業界を驚きに包んできています、いつもびっくり仰天のラインナップでその驚きは楽しませてもらってます。

そんなアオシマさんは先日〆切で箱のなかのものしか使ってはいけない市販車のカタログモデルとしてのモデルの写真コンテストを開催してしまいました。

そもそもアオシマさんのキットはその特性からなぜか年時モデルになりきれてないのでそのあたりを調べる所からが製作になるので奥が深いんで比較的やりやすいインプレッサを選んで製作してやりました。

しかし、やはり微妙に違うところがあったりカタログモデルに車高調整足回りがあったりブレーキキャリパーの色が違ったり室内のシートのステッチが違ったりと小さな所がありましてそこを中心に製作してます。

また、このキットから塗装の砥だし方法を変えましてボディカラーを塗装した後に一度研いて完全に平坦な面をつくりそれからクリアを吹いて砥だししてやりました。
この方法だと深いブラックが出るし綺麗な色味がでるのですがボディカラーをかなり厚目に吹いてやらないと砥だし中に下地が出るのでエッジが消えたりその塗装方法が難しかったりします。
その辺りは時間がかかりますが得られるメリットが多かったので今回はそちらを採用しました、効果はありましたからこれから同様の技法を採用していきたいと思います。
( - ) comments(0) -
なんか落ちた
DSC_0837.JPG
とりあえずなんか落ちたのですが負けを認めなければまだ勝利の途中なんです。

諦めなければまだ戦えます。
( - ) comments(0) -
  • << 2/423page >>
(ABOUT)