今年はいろんな挑戦をする年になりそうです、どう変化するか判らないですがこれからもよろしくお願いします。
家族関係おかしくないか?
DSC_1227.JPG
走行中の新幹線車内で刃物を振りかざし2名重傷、1名死亡の痛ましい事件が発生しました。

容疑者は幼い頃より精神が不安定で中学で両親に暴行を加え両親はその時点で育児放棄し施設から社会に出たものの周囲との関係性を築けず自殺したいとほのめかしたあげく凶行に及んだのですがこの両親がマスコミに対しコメントしている内容に強烈な違和感を感じました。

もちろん全文ではないでしょうが人の命を息子が奪ったのであれば謝罪が最優先でしょうに息子を「さん」呼称で呼びなおかつ他人事のような発言を展開している様子を見るとこの家族そもそも何かがおかしいのではないかと思います、人として必要な感情を親からして持っていないのではないか?もしかすると親も精神的に何か問題があるのではないかとすら疑いたくなります、精神疾患がある人全てがそうであるとは言いませんがそうした親に育てられた子供にもその因子はあるのかもしれません。

原因の究明をはかる行為が進めば進むほどこの問題強烈に深い闇を残しそうです。
( - ) comments(0) -
つばめの家
DSC_1248.JPG
いろんな所につばめの家を見かけるのですが彼等は人基準の一等地に存在しています。

そろそろ巣立ちの準備をしているようですが小さな家に押し合いへし合いしながら顔出して餌を求めている姿を見れるのも後わずかですからね。


さて、今日は夏に開催されるチャレンジスクールに参加する子供達を集めて自転車の走行会をやってきました、さすがにノントラブルとはいきませんでしたが皆楽しく走れたのは良かったです、各自の体力に合わせての走行でしたがチャレンジスクールまでにもう少し上手に乗れるようになれば良いですね。
( - ) comments(0) -
トライアスロンに参戦!
DSC_1249.JPG
今日はテンション高くトライアスロンに初参戦してきました。

俺じゃないですよ、息子です。自転車とランニングは一定の自信があるようでしたがスイムは海未経験なのもあり不安要素炸裂でしたが結果は混走で26人中九位とまずまずな結果でフィニッシュとなりました。

スイムの時点ではケツから三位でしたがバイクに移行してからどんどん順位を上げランニングになった時には上位グループに食い込み勢いでそこかも余裕の追い込みを見せてのゴールでした。

スイムの成績さえ上げれば上位入賞も夢ではないですが本人練習して順位上げしていきたいようです、自転車のレースは来月には広島競輪のトラックレース、再来月はチャレンジスクールとレースが続くのでころからは自転車一本ですかね。
( - ) comments(0) -
クリアの効果
DSC_1223.JPG
自衛隊の練習機Tー4の製作ですがデカール貼ってからクリアを吹いてやります。

目的はデカールの段差を消すために砥だしするのですが実は副次効果でモールドも埋まるのです、普通はクリア吹いてから墨入れですが俺は墨入れしてからクリア吹きます、後からだと墨が入らないですから。
で、墨入れした上でクリア吹いて砥だしするとモールドもクリアで埋まりそれを研ぐ事で平滑な面ができるのです、飛行機の面は平滑な方がらしいですから。

手間はかかりますが光の走り方なんかは抜群にかっこ良いですよ!



さて、木造での再建築を目指す名古屋城にエレベーターを設置するべきだとの声をあげている団体がありますがオリジナルに近い復元天守閣になぜエレベーターが必要なのか?現在最古の木造天守閣姫路城にはエレベーターはありません、急な階段を登る事で天守閣の凄さや当時の人の生活感や想いを感じる事ができるのです、それをエレベーターを設置して天守閣の持つ空気感を変えるのは意味がわかりません。
広島城のように鉄筋コンクリート製の外見的雰囲気城で天守閣の中が博物館のようになっているならまだしも天守閣の内部そのものが歴史博物館になるならエレベーターが設置されないから見学出来ないのは仕方ないと思います、本来天守閣は役所であり戦を取り仕切る指令部でありその地域を支配していた大名の権力施設なのですから。
( - ) comments(0) -
基地の足
DSC_1222.JPG
自衛隊がほこる練習機Tー4ですがこの機体は航空自衛隊各基地に数機ずつ配備されています。

パイロットの資格たるウイングマークを持つ士官の練度維持に使われたり他基地との連絡業務に使われたり訓練のお供を仰せつかったりともうそれはそれは翌朝働いているのです、作戦機ばかりに目がいきがちですが自衛隊が精強たりえるのはこうした機体があるからです、ワークホースありきの精強ですよ。

そんなTー4の製作ですが機体番号を調べて松島基地所属の機体として仕上げます、もともとレッドとホワイトに塗装されていた機体ですが定期点検のおりに通常カラーにもどされ松島基地へ配備されたそうです、新たな練習機の開発がなされていない現状だとこうして長く使う事も大事ですし長く使える設計がなされていた事もまた大事です。

製作においてもデカールを貼ってからクリアをしっかり吹いて段差がなくなるまで砥だししてやります、いかにもデカール貼りましたみたいな段差は完成時に興醒めしますから。
( - ) comments(0) -
育てる翼
DSC_1221.JPG
先日自衛隊勤務の後輩から松島基地にFー35が飛来したとの話を聞きましたが松島基地と言えば国内唯一無二の攻撃機Fー2の訓練基地であり同時にブルーインパルスの基地でもあるわけです。

そしてブルーインパルスの使用機と言えば練習機のTー4 ですね、イルカのような愛くるしいフォルムでありながらその運動性はすばらしく、またメンテナンスも容易らしい隠れた名機なのです。作戦機としてではなくあくまで練習機ですが自衛隊のパイロットであれば一度は通る機体です。

そんな名機をちゃっちゃと仕上げていきます。ハセガワから素晴らしいキットが発売されてるのでこいつを仕上げてるのですがあまりにサクサク製作できるので画像がないんです、塗装してデカール貼った所で気がつきました。
( - ) comments(0) -
給食の想いでポロポロ
DSC_1169.JPG
毎年このくらいの時期になると懐かしい給食のそれを思い出します。

キンキンに冷えたそれは普段食べるそれとまったく違うのです、そうその食べ物とは冷凍ミカンです! 特別何をしてるわけでもなくただそのミカンを冷凍しただけのシンプルなやつですが下手なアイスなんかより数倍美味かった!いや給食だからこそ美味かったのかもしれませんがとにかくそれは美味かった。

先日若い子と話をしたら冷凍ミカンにさほど思い入れがないどころかあまつさえ知らないやつまでいましたか、時代が違うと想いでの味も様々なんですね。
( - ) comments(0) -
クロスロード
DSC_1183.JPG
車マンガとして大好きな作家さんの西風さんのタイトルにもありますがクロスロード良い響きです、見ず知らずの誰かがどこかで交差する一瞬の場所、そんな出逢いはなかなか無いですよ。

そんなクロスロードですがカーズ3のサブタイトルにもなってます、主人公の引退を軸に話が動くのですが常に前向きに下がるタイミングをはかるのは沢山学ぶ所がありますね、クロスロードから始まる物語ですから。

息子も自転車の練習でいろんな場所で走行してますがクロスロードはもちろん様々な場所でロードに乗っているかた、バイクのライダー、車のドライバー、そして地域の方々に声をかけていただいたり声援いただいたり家の中にいたら絶対に経験出来ない経験をさせてもらってます、人との交差する場所はネットの海にもありますがリアルな交差は外にしかありません、クロスロード探しに行くのも面白いですよ。


さて、そんなクロスロードのなかで交流のあるママさんミニ四駆レーサーに使ってもらうべく塗装していたバロンビエントストームナッシュ風なやつですが瞳も書き込みその可愛い姿を完成させました。
ボディにパールを入れた塗装をしましたがこいつがレースを走る姿をはやく見たいです。
( - ) comments(0) -
ロードを投入
DSC_1236.JPG
自転車レースに目覚め息子はここ数回のレースで機材の限界を痛感しており一日も早いロードバイクの投入を望んでおりました。

しかし、メーカー推奨の身長に到達してない我が子はその投入時期をいまかいまかと待ち構えていたのです。そんなおりショップに息子が乗りたかったロードバイクが試乗車としてありましてこれにまたがった所なんと乗れる事が判明してここからはもう一日でも早く投入したいもののレースに参加出来るレベルまで乗りこなすのが困難であるため投入時期を探ってましたがついに、ついにですよロードバイク投入の日がやってきました!

納車の時に説明を聞いてから早速慣熟走行に出発!危なくない程度に運転しながら走りに走った40キロ!

とりあえずまだまだマシンのほうが息子より断然スペックが高いようで手をやいているようです、その力を使いこなすまでにはまだまだ時間がかかりそうですが秋のレースまでには完璧にものにするようにしたいようです。
ちなみに投入したマシンですがジャイアントさんのジュニア向け本格ロードバイクTCRで東広島のジャイアントストアさんで購入させていただきました。マシンの調整をはじめ乗り方や自転車のたのしみかたをはじめジュニアにも親身になって応えてくださるショップです、自転車で思いっきり楽しみたいかた是非行かれてみてはいかがでしょうか?
( - ) comments(0) -
思った以上に雰囲気出てる
DSC_1183.JPG
ストームナッシュに見えるように製作、塗装を堪能したバロンビエントですが目を書き込んだらもうストームナッシュにしか見えないでしょ?

カーズに出てきそうなマシンがコースをプリプリ走ってる姿を想像しただけで笑顔になります。

速さも必要ですがこうした遊びもまた必要ですね。



さて、自転車にまたがって自分と戦っている息子ですが前月二週続けてレースに出てマシンスペックの限界を痛感したらしくシーズン途中ではありますが新車の投入要請を出してきまして申請内容の的確さ、シーズン途中のマシン交換のリスクなどをクリアできそうなので思いきって新車投入します。

現行マシンもトレーニングや一部レースに使用するのですが本格的なロードレースやクリテリュウムには新車を使います、本人は練習は二台とも継続してやるらしいのでしばらくその戦うさまをみてやりましょう。
( - ) comments(0) -
  • << 2/448page >>
(ABOUT)