今年はいろんな挑戦をする年になりそうです、どう変化するか判らないですがこれからもよろしくお願いします。
国語算数理科矢沢!
DSC_0531.JPG
タイトルは広島では有名な教育スタイルです。

矢沢、広島の義務教育です! そう言って憚らない人が大勢います。

ただどうやら特定の世代だけに通じるものらしく家のチビたちには国語算数理科社会、総合矢沢らしいです。

我が家にも聖書「なりあがり」がありますが道徳的に間違えた事は言ってません、むしろ今の日本に足りないものを矢沢持ってます!

広島ロケの映画「モヒカン故郷にかえる」や「さよならヒバゴン」では矢沢が話の中に普通に登場します、一度見てください。


さて、ジムコンペなるものが店で応募されてますが俺はこれで参加です、展示会のテーマも一緒にするので少しだけ毛色の違うものになりますがこれはこれでまた面白くやっていきますよ。
( - ) comments(0) -
しくじり先生
DSC_0456.JPG
先日のしくじり先生でソニンが当事受け身全開で芸能界に残る為に無茶しまくって個人によるドミノ日本記録に挑んでいる最中にパニックになる画像が放送され各所で意見が交わされています。

あの当事ソニンのパワフルなダンスが好きで実際に放送見てましたがあの壊れていったソニンを見て応援しようと思いましたよ、人なんてそんなに強くないんです、まして二十歳にも満たない女の子に苛酷なシチュエーションを与えているのですから当然でしょうし、そこから立ち上がったソニンを見て応援したくなるじゃないですか。
歌手としては芽が出なかったですがミュージカルで才能が開花した彼女は素晴らしいじゃないですか?今のアイドルに限らず人はみな見えない所で必死で努力しないと認められないし自分のやりたいことなんてできないんです、綺麗事だけじゃないその姿を批判するなら何をして成功の為の努力とするのでしょう、成功は与えられるものではなく掴み掴みものです、それをソニンは生々しい形で見せてくれただけだと思います。

極論を学ばなければ何も進まないですから。



さて、画像のものは最近製作していたガンプラ達です。月末から少しだけ大きな製作が入るのでまとめてやっつけている所です。
( - ) comments(0) -
なんですかぁ〜で控えおろう!
DSC_0471.JPG
金八先生を続けたら俳優、武田鉄矢さんが次期水戸光國公を演じられるようです。

いよいよ武田鉄矢さんが御老公を演じる歳になられたのも凄いですが助さんや格さんいなくても悪人相手に武田節炸裂で印籠なくてもやれそうですよね、白髪なのに長髪で九州アクセントで喋る水戸光國を見てみたいですね、新しい水戸光國がそこにありそうです。


さて、ジムですがサンダーボルトバージョンの特長の1つにバックパックからのびるサブアームがあります、そのサブアームでシールドを保持させてやります、あいた反対側にはスナイパーらしくレーダーを保持させてみました。
射撃方位に対してレーダーが追従すればより高精度の射撃できそうですし場合によっては反対側にレーダーを指向して警戒範囲の拡大をはかったり便利に使えそうですからね。
( - ) comments(0) -
不思議な出来事
DSC_0469.JPG
今朝がた不思議光景を目撃しました。

安保法案に反対するデモだったのですがまずデモのスローガンとして戦争法案反対!とシュプレヒコールしてたのですよ、何がどうなってそうした話になるのか不思議なのですがそれより平日の午前中に集まってデモできる人はいったいどんな人なんでしょう?

岩国基地にオスプレイが配備された時や沖縄で日夜デモ行動にいそしんでいる人は一体何をして日銭稼いでおられるのでしょう?

何かに反対する事はわかるんです、皆が同じ意見足り得る事はありえないのですが反対行動に出られる環境は不思議です、休みの日ならまだしも平日ですからね。


さて、ジムサンダーボルトバージョンのスナイパーバージョンですが基本になるカラーリングにして自立させてみました、原作の色調が暗いとゆうかやや小汚ないカラーリングなのでこのカラーリングを出すためにいつもと違うブラック立ち上げをやってグラデーションきつめに入れて塗装してみました。

使い込まれた汚れではなく面の見せ方と情報量を増やす塗装なんで神経使いますね、ばっちり決まればその空気感はいけるんでしっかりやっつけました。

ガンダム世界は今や無限の広がりを持っています、その世界観を理解しながら塗装すると面白いですね。
( - ) comments(0) -
梅の花咲く暖かい一日
DSC_0527.JPG
今日は驚くほど暖かく、そして穏やかな日でした。

お昼前に外出先で梅の花が咲き桜ももうすぐ楽しめそうです、春が感じられるようになるとお外で美味しくご飯を食べたくなります、おにぎりだけでも良いんですけどね。
( - ) comments(0) -
震災は忘れてはいけないけど立ち止まってもいけない。
DSC_0526.JPG
東日本大震災からはや六年、地面が揺れる恐怖もさることながら海が荒れ狂う様をまじまじと見せつけられたあの瞬間はいつまでも忘れないです。

街がなくなってからの復興には多大な時間と労力、資金がかかりますが形を失ったからからこそ新しい物を作り出せる事もまた事実なんです。復興とは昔と同じものを復元するのではなく次の時代につなぐものであるべきだと思います、南海トラフ地震はいつか必ずやってきます、被害を最小限にする事はもちろんですがその後の復興は新しい日本をつくる事になるように東日本大震災から学んで生かしていかないといけないですね。


古きを学び新しきを知る、日本はこれを体現していまから歩んでいくべきでしょうね。
( - ) comments(0) -
東京の下町を
DSC_0468.JPG
72年前、終戦間近の今夜東京の下町を一夜にして焼土とかした都市部への爆撃が行われ一夜で10万人の民間人の命が奪われました。
咄家の方が当日の話をされてましたがどこを見ても赤い炎が舞い上がりどうやって逃げたか、またどこへ逃げたかわからないうちに朝日が見えて一面焼け野原の東京を見た時の衝撃は語れないと言われてます。


今、北朝鮮がその国力全てを投下して弾道ミサイルを開発していますがその武器は日本に向いていることは容易に想像できます、平和であることが何よりも大事であるのになぜその武器を使おうとするのか、また開発するのか、平和を噛み締めてもらいたいです。

独り者の時は平和の有り難みはわかりにくかったですが家族がいるとその重たさや重要さが改めてわかるものです。


さて、ジムサンダーボルトバージョンですがスナイパーバージョンの配色パターンをトレースして全面グリーンにしていきます、ただバックパックは布地的な表現なのでこれを塗装で再現すべく明るめな色で仕上げました、アリスパックのそれをイメージした感じです。
( - ) comments(0) -
色を塗り始めると
DSC_0467.JPG
ガンプラ製作そのものは嫌いではありません、むしろ機械を想像しながら組み立てるのは好きなんですがここに少しだけ気になるのは塗装するときのスペースの広さです、どうしても部品単位になるので仕方ないですが飛行機なんかだとかなりスペース少なくても塗装できるし戦車だとほとんどスペースとらないから俺の部屋にはあってるんですけど。

( - ) comments(0) -
蒲田行進曲。
DSC_0460.JPG
一年に一度位のペースで蒲田行進曲を見て泣きたくなるおっさんです。


俺、映画好きなんですよ。ジャンル問わずなんですが最近の映画って使い捨てな感じがしませんか?その時に使える最高のCGの見本市みたいな感じで。
昔の日本映画には役者バカがその力を出すためにお付きのこれまた演劇バカがいて監督もスタッフもこれまた作品バカ、会社もこれまた冒険を恐れない映画バカと本当に人の気持ちが溢れてるんですよ、この蒲田行進曲の大部屋俳優さんの映画の気持ちは今では絶対撮れない名作です。

階段落ちのシーンは涙なくては見れませんがその直前のやり取りが泣けるんです、大部屋俳優と言えどその気持ちは主役以上なんですよ、そこを生々しく描かれるこの蒲田行進曲見とかないとどうにもなりません。
( - ) comments(0) -
ミスドの悩み道
DSC_0459.JPG
ミスドが全店で店内調理をやめて工場で一括生産、輸送することで店内のスペースを広くとりながら安定化をはかるようですがそれだと最近のコンビニとなにも変わりません、揚げたてだからこその良さを捨てる判断は間違えのように感じます。

主食のように食べてるものではないですがコンビニのフットワークに対向しても負けますよ、これでミスドが閉店しコンビニがドーナツから撤退したら何も残りませんよね、最近競争の結果焼け野原しか残さない残念な争いが多いように感じます、ライバルがいるからこそ進歩があるのですが利益を追求するのは危険だと思います。


さて、ジムサンダーボルトバージョンですがライフルを持たせてバランス確認とヘッドカバーを作成します、このヘッドカバーが頭を悩ます所で本来装備しているセンサーより強烈なものを使用時のみ展開するのならはなからヘッドユニット自体高精度なセンサーを搭載したものにすればいいのではないかと悩むのです。
コクピット内部のモニターに表示するにしても切り替えなど手間かかりそうじゃないですか?人が直接覗く光学機械とちがってコンピュータを介す機械を後付け工作するのは悩みます。
( - ) comments(0) -
  • << 2/403page >>
(ABOUT)