今年はいろんな挑戦をする年になりそうです、どう変化するか判らないですがこれからもよろしくお願いします。
<< 可動と画項の狭間でドムトローペン >>
肩の動きで表情が変わる
DSC_1621.JPG
ドムトローペンですが旧キットですから肩の付け根が可動しないシャフトだったりします。
おかげで表情がつかない、さらに胸は薄く見えるしなにより劇中に比べて肩が低い!

これを一気に片付けるために関節を新造しつつ付け位置をかえつつさらに胸パーツ前方に一ミリプラ板で厚みを増してやります。
一気に解決できる方法でしたが仮組繰り返してやらなきゃいけないのでおそろしくめんどくさい作業でしたね、ガンプラの調整って手間=結果なんでやってて面白いんですがここをやらなくていいガンプラが時に存在するのもガンプラの深さだったりします。


なんでもそうですが自分の好みの物を手に入れるには相応の手間と時間がいりますね。
( - ) comments(0) -
スポンサーサイト
( - ) - -









(ABOUT)