今年はいろんな挑戦をする年になりそうです、どう変化するか判らないですがこれからもよろしくお願いします。
<< エンジン搭載間近練習のご褒美 >>
カラクルム級戦艦
DSC_1210.JPG
ヤマトの新章も確実に話が進みヤマト2の時と違う話にワクワクしています、福井さんの脚本はローレライや亡国のイージスなどで海洋における密閉空間でのロマンあふれる流れがありこれからどう膨らむのか楽しみです。

そんなヤマト2202から着実にキットが出てきますが今回のヤマトでの特徴的な所に司令官クラスは一回り大きな船、または独自のカラーリングの船があります。

このカラクルム級戦艦も前作では全艦グリーンの大戦艦と呼ばれてましたが今作ではメーザー提督座乗艦として独特のカラーリングが施されたカラクルム級が登場します。

これを製作するのですが製作で一番のネックになり見せ場になるのがこのカラーリングです、ネービーブルーとニュートラルグレー、ホワイトの塗りわけが入るカラーリングは15センチに満たないサイズには手間がすごくかかります。パネルラインに沿ってのぬりわけですからとにかくひたすらマスキングしていきます。

まだまだ途中ですが頑張っていきますよ!
( - ) comments(0) -
スポンサーサイト
( - ) - -









(ABOUT)