今年はいろんな挑戦をする年になりそうです、どう変化するか判らないですがこれからもよろしくお願いします。
<< ダメージを考察する。長崎の空に >>
配色パターンを考えながら
DSC_0728.JPG
コアファイターの塗装ですが最終的に汚しを入れるので最初は明るく、そして配色を増やしていきます。

ブルー部分も機首レーダー部分と本体、機関銃パネルと3色を配置してみました、機首レーダー部分は現用機も強化繊維でレーダー波を乱さないもの、本体は逆にレーダーに反応しにくいフェライト的なものでついでに粉を焼き付けたようなものでパネルはタッチアップを繰り返していくから普通の塗料でといった感じです。

そうそう、宇宙空間での塗装ってどうやるんでしょう? 重力と空気があれば今と同じ手法なんでしょうが無重力で空気無しだと塗料は玉になって定着しないだろうし、空気無かったらエアブラシのような機械も使えないでしょうし謎なんです、重力ドックを保有している大規模施設なんて少ないでしょうしまして軍艦のなかでそんなものは医療区画などに割り当てるでしょうから塗装ブースを保有するのはかなり難しいでしょうし、どうやっているのか実際に運用が始まったらわかることですがいつ頃になるんでしょうね。
( - ) comments(0) -
スポンサーサイト
( - ) - -









(ABOUT)