今年はいろんな挑戦をする年になりそうです、どう変化するか判らないですがこれからもよろしくお願いします。
<< 隣の国ではああ、どこに消えたか金庫の現金 >>
庭でバーベキュー
DSC_0450.JPG
ホビーショップK'sのガンプラコンペで一位を獲得したガンキャノン量産型の製作記をぼつぼつ書いていきます。

まずは投票してくださった皆様ありがとうございます、パット見塗装を頑張ったように見えますが実は各部もちょこちょこ改修してるんですよ、今日はその中でも前からやってみたかったスナイバーライフルについて書いていきます、ガンキャノンは中距離砲撃戦闘を主軸に検討して開発された機体ですから手持ち武器は接近された際の自衛用のそれが普通なんでしょうがある程度開けた所ならセンサーの有効範囲を活かしたスナイバーライフル装備もありじゃないかと思っていたんです、調度スナイバーライフルが入手できたので今回採用してみました。

イメージはアフガニスタンなどで戦う海兵隊スナイバー部隊風、又は特務部隊に配備されていたけど戦史にはのってないイレギュラーな部隊風です。

こんな遊びができるのもガンプラの良さですね。



さて、庭でバーベキューをしていて近所の精神疾患の方に刺殺される事件がありましたが当初精神疾患の方の一方的な犯行のように報道されていましたがバーベキューをしていた人数がなんと25人!生活音レベルの騒音ではなくかなりの騒音だった事が判明するにいたりその問題の論点がわからなくなってきました。

精神疾患がある方を病院に収監するのではなく地域で包括的にケアしようとする国のやり方には個人としては反対です、疾患の程度はありますから一律には言えませんがやはり普通の考え方を理解出来ない場合は収監することで一定の安全を確保出来ると思うんです。

また法律的にも精神疾患がある場合法律的に処罰されないこともあるんですよ、それを地域で包括的に見守りケアしていくのは無理じゃないでしょうか?日本人としての安全、安心は法のもとに保証されているのですからその法のもとで特殊な扱いであるならば一緒には生活できないですね。

今回の事件の加害者も今後どのような罪に問われどう刑罰をうけるのか見守っていきたいですが自宅の庭で大人数でバーベキューやった方の常識も若干問われる所でしょうね、河川敷や海岸でバーベキューを楽しむのは構いませんがそれが毎年騒音や不法投棄の問題になっている事をかんがみるとバーベキューを楽しむにもちゃんとした法が必要かもしれません。
( - ) comments(0) -
スポンサーサイト
( - ) - -









(ABOUT)