今年はいろんな挑戦をする年になりそうです、どう変化するか判らないですがこれからもよろしくお願いします。
もみの木でレース
DSC_1218.JPG
今日は息子と共に広島県の県境にあるもみの木森林公園の自転車レースに行ってきました。

お父さんは運転と監督だけですが息子は朝早くからコースの試走、それも2回!1回目は自分のペース確認、2回目は気になった場所を集中的に攻めてみたりゴールラインの確認など忙しくしてまして普段からの練習と相まって四位フィニッシュできました。

ロードでない車体でこれだけの成績が出せたのは普段から努力してきた成果です、来週もレースがありますし毎月どこかでレースがありますので練習しながら参戦していきますよ。
( - ) comments(0) -
オーラロードが開かれた!
DSC_1198.JPG
オージェも完成して一段落したいところですがまたまたいつもの学生にそそのかされ他店のコンペに参加すべく製作開始したダンバインです。

バンダイの新しいキットをいじらずに製作して塗装だけ頑張っていくのが今回のコンセプトでよくイラストなどで見る塗装にしていきダンバイン初期生産型を目指していきます 。

とりあえず組んでみたのですがキットが古かったのかそれともキットの癖なのか内蔵されたフレームがパキパキ折れるんです、足のフレームと腕のフレームが割れてしまいやもえずマスキングテープで接合しましたがこれで思いきりがついて関節を少しいじる事にしました。

派手なポーズではなくあくまでも綺麗に立っているのを目指すので関節の思いきりは良かったとおもいます。
( - ) comments(0) -
戦え!いかなるときでも。
DSC_1184.JPG
ホビーショップK'sさんのジュニア部門へ参戦するために息子製作の86ですが基本塗装終了後デカール貼って完全乾燥のうえクリアをたっぷり吹き付けた所です。

今回の作業テーマは砥だしです、デカールの段差や塗装時に発生した段差を全てフラットにする事が目的ですが何せ始めてなので必要以上にクリアを重てあります、砥だしは難しいと思う先入観をなくす意味でも厚いクリア層を相手にすれば案外簡単に出来るもんです。
俺が塗装するミニ四駆にも厚いクリア層を作りますがデカールも埋めてしまえば砥だしも簡単です、乾燥も食器乾燥機で数時間温めてやれば作業性も上がりますから。

とにかくこれから砥だしに入るのですがビビらずガンガンやらせていきますよ。
( - ) comments(0) -
息子も参戦
DSC_1171.JPG
ホビーショップK'sのコンペに参加する親に対しジュニア部門での参加をする息子の選択したキットがアオシマさんから発売された楽ぷらの86です。前回も楽ぷらを選択しましたが味をしめたようで塗装に力を入れられるので気分がのりやすいようです。


で、その塗装ですが最近ミニ四駆でも塗装していて我が家のイメージカラーになりつつあるアドバンカラーにしてます、86でアドバンだと土屋選手のそれをイメージしますが息子のなかではグループAのスカイラインでしてそこを狙って塗装していきます、塗料や道具はまるっきり親父と同じものを使うのである程度の仕上がりは保証できますが今回はさらに砥だしに挑戦です!毎回すこしづつ工作テーマを増やしているのですがすこしづつとゆうのが長続きするコツみたいで上手くなっていくのが楽しいようです。

追加、まだまだエントリー受け付け中ですがなかなかジュニアの参加が少ないので是非参加してみてください。
( - ) comments(0) -
オージェ完成
20180508_000210.jpg
ガンダムじゃないキャラクターモデルコンペに参加するべく製作してきたオージェ完成です!

悲運の女将軍の機体であり実は男性支配者たるポセイダルのオリジナルオージェと対になるべく製作されたであろうこのオージェはワンオフの高級機でありあの世界での女性の象徴として製作されていたであろうと想像してそれに合わせて製作を進めていきました。

当初のイメージは米倉涼子さんでしたが影がある雰囲気を出すために途中からヤミ金牛嶋君で独特の雰囲気のある高橋メアリージェーンさんを加えてみました。


とにかく綺麗なラインに綺麗な塗装を念頭に製作したのですが満足出来る仕上がりになりました、グリムゲルデフレームに着せていく作戦もうまく決まり現時点では最高のオージェだと思います。


また数種類エルガイムシリーズをやってみたいです。


さて、新潟で児童誘拐、殺害した犯人が捕まりましたがマスコミは犯人の人物像をオタクのロリコンとしたいようですがその決めつけかたには抵抗があります。
アニメの好きな奴を沢山知ってますがこの中でもコミニュケーション能力が高いやつは結婚もしてるしなにより色んなコミニティに参加して忙しくしてるんです。

コミニュケーション能力の低い人は確かに自分の世界に籠り他者と接点を持つのを嫌いながらでもコミニティに参加したい半面性を持ってるんです、自己承認欲求は人一倍高いけどそれがなされない、コミニュケーションを取れないから周囲の環境変化に適応出来ない、なので情報保有量が自分より少ない場所にそのコミニティを求めようとするんじゃないでしょうか。

子供の頃からコミニティに参加してコミニュケーション能力を保有していけば少しは変われると思います。
( - ) comments(0) -
できっこないをやらなくちゃ
DSC_1208.JPG
サンボマスターの曲ですが息子がお気に入りでよく聞いてるんです、自転車レースに全力な息子ですが今のマシンはママチャリ的なマシンを改装して戦ってるので専用のロードにはマシンスペックでは負けてます、それを気合いと根性と燃える心でロードを上回る成績を出してます、できっこないと言われると引っくり返したくなるようです、闘魂は誰にも負けないみたいでやらなくちゃ精神はしっかりあるみたいです。

秋ごろには新車を検討してますがやらなくちゃ精神は大事にしてやりたいですね。

やらなくちゃ精神ですが先日練習に使ってる場所の小学校のお祭りにお邪魔させてもらったのですが過疎地の小規模校でそこでは一年生から六年生までが一緒に和太鼓を演奏してるのです、それがまあ素晴らしい演奏でして一年生なんてまだ入学していくばくもたってないのですよ、しかしそれでもなお素晴らしい演奏!できっこないをやらなくちゃですよ、それを見てからまた息子の中で何かが変わったようで練習にむかう気持ちが違うんです。

他人からインスピレーションを受けるような成長してるのは嬉しいものです。
( - ) comments(0) -
オージェは女性である。
DSC_1167.JPG
オージェの小さな塗装も終わり全身を組み上げてみました。

オージェは悲運の将軍ネイモーハンの愛機でありまたおしゃまな女性であるのでそこをイメージして製作していきました、女優さんで言えば高橋メアリージェーンさんのそれです、後は手首の塗装ですがこれも考えながらやっていきます。
( - ) comments(0) -
紅いマスクのその下に
DSC_1166.JPG
オージェの塗装ですが小さな所を塗装していきます。

エルガイムに限らず永野メカの多くにマスクの下にフェイスがあるんです。

オージェにもフェイスがあるのですが設定はおろか何もありません、特にキットではまったくモールドもないのですが俺の脳内には顎が無い少し不気味であるものの美しいフェイスがあるはずでそのフェイスを保護するためにマスクで隠しているのでしょうからそのマスクはレットでも燃えるようなものをチョイスしてやります、クランベリーレットをベースにクリアオレンジやレットを混ぜた物を数回にわたり吹き付けてやりました、美しい光沢でありながら深みのあるレットになったと思います。
( - ) comments(0) -
新井選手の存在!
DSC_1207.JPG
昨夜は息子と二人でマツダスタジアムにカープの応援に行ってきました。

今年のカープ戦のチケットはすでに入手できないチケットですが運良く入手でき本来早く現地に行かないと座れないと言われた席も優しいカープファンのおじさん達のお陰でバックネット裏の良いポジションで観戦させて頂き息子ともども飲み食い困らないくらいの歓待をして頂きました。


試合もカープ最年長の新井選手の復活祭のように初回から大量得点で宮島さんの大合唱を何度も歌った試合となりました。


新井選手がグランドに立つだけで沸き立つスタンド、なによりベンチの空気が違うんです!監督の力はもちろんですがベテラン選手がその存在感を発揮するような場所を息子と共有できた事はありがたい限りでした。

目に見えない気合いとか根性論的なものを感じられる機会なんてないですもんね、若手ばかりの集団だと纏め役の人間はなかなかいないですけど一人のベテランの存在がその集団の力を高める事なんて体験できないですから。



また、こうした試合を現地で観戦出来ればよいですね。
( - ) comments(0) -
全身タイツ
DSC_1163.JPG
オージェです。

マスキングも終わりブラウンを吹いたので一旦剥がして様子をみてやります。

モーターヘッドとして製作するならブラウンではなくシルバーにしたところですがここはヘビーメタルとしてブラウンにしてやりました。
ただそのまま塗装してもつまらないのでブラウンの上から薄くホワイトパールを吹いてやりました。
ここから全身にクリア吹いて磨きにかかりますがホワイトパールが良い仕事してくれるはずです。エッジがギラギラしてくれると良いのですが果たしてどうなるやら?


そうそう、息子の同級生が新しい自転車を購入したそうです、昨年息子に負けて悔しかったらしくお婆ちゃんに泣きついて新車にしたそうです。
息子も昨年末にマシン交換しましたがそれから練習を重て今はかなりのスピードで走れるようになりました、スポーツはライバルがいるから面白いと昔のCMのキャッチコピーではありませんがライバルが新車を投入してくるなかどこまで現行の車体で戦えるのか、またマシン交換はいつやるのかレーシングチームみたいで楽しいですね。
( - ) comments(0) -
  •  1/445page >>
(ABOUT)